☆= Amapola Fes 出展者出演者紹介(CRAFT)=☆ No.2 片瀬 有美子(陶磁)
51164
post-template-default,single,single-post,postid-51164,single-format-standard,cabin-core-1.0.1,select-theme-ver-3.1.2,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled, vertical_menu_width_290,smooth_scroll,side_menu_slide_from_right,wpb-js-composer js-comp-ver-6.3.0,vc_responsive

☆= Amapola Fes 出展者出演者紹介(CRAFT)=☆ No.2 片瀬 有美子(陶磁)

☆= Amapola Fes 出展者出演者紹介(CRAFT)=☆ No.2 片瀬 有美子(陶磁)

☆= Amapola Fes 出展者出演者紹介(CRAFT)=☆
No.2 片瀬 有美子(陶磁)

片瀬有美子(陶磁)

Fes初出展、南砺市在住の陶芸家片瀬有美子さん。
19世紀のイギリスで生まれた特別な技法を用いた、
磁器のカップ類や皿などの食器を作っていらっしゃいます。
白い地肌に広がる、明るく透明な色彩と、
有機的で不思議な模様は、まるで水彩画のよう。
使うたびに想像力を掻き立ててくれそうな器です。

*作家からのメッセージ
“モカウェア”というイギリスで生まれた古い技法を応用した器を制作しています。素地が泥の状態のときに滲む液体を垂らすと、泥の表面を這うようにして模様が広がります。その形は一つとして同じものはありません。様々な模様の美しさを楽しんで頂けたら幸いです。

片瀬有美子(陶磁)
片瀬有美子(陶磁)

No Comments

Post a Comment